ブックメーカー ブックメーカー

 

今年のセンバツ優勝校はどこか?

 

 

 

 

 

 

 

「春はセンバツから」 の名文句の通り、
寒い季節が終わると、甲子園の季節がやってくる。

 

 

今年も出場校が発表され、選手権開幕を多くのファンが楽しみにしている。

 

 

阪神大震災から20年が経ち、
当時3校が選出された地元兵庫から、
33年ぶりに出場校がないセンバツで優勝するのは、
果たしてどこのチームになるのだろうか。

 

 

優勝候補の筆頭は、何といっても昨夏甲子園を制した、
大阪代表の大阪桐蔭だろう。

 

 

昨夏のメンバーも数人残っており、戦力は充実している。

 

 

奇しくも、徳島の池田高校が前回夏春連覇を果たしたのも、
兵庫代表がゼロだった、33年前の大会だったというジンクスも、気になるところだ。

 

 

対抗は、その大阪桐蔭に昨夏準決勝で敗れた、
福井の敦賀気比ではないだろうか。

 

 

北信越大会で優勝を果たし、エースも最上級生になり、甲子園でのリベンジを誓っている。
今度こそ、北信越に初の優勝旗を持ち帰ることはできるだろうか。

 

 

去年のセンバツ優勝校である、京都の龍谷大平安も侮れない存在だ。

 

 

昨年の優勝を支えた投手が2人残っていることは、
投手有利と言われるセンバツ大会において、
大きなアドバンテージとなるだろう。

 

 

また、秋の明治神宮大会を制した、宮城の仙台育英も、注目すべきチームだ。
2002年大会の報徳学園以来、秋と春の大会連覇はなるだろうか。

 

 

センバツ大会は、ひと冬越えての大会だから、
秋の戦績は、あまりあてにはならないものだ。

 

 

そのため、歴史的に多くの番狂わせが起きている。

 

 

私立校が活躍を続ける最近の甲子園で、
公立校の快進撃にも、期待したい。

 

 

春はそこまでやってきている。今年も多くの歓声が甲子園にこだますることだろう。